編みと織りについて 第二弾『織り』

前回は、編みについて述べましたが今回は織りです。

生地には、編みと織りの2種類あります。

今回ご紹介する織りについてご説明いたします。

今さら聞けない織りって!?

織りとは、糸を縦横に組合わせて織りあげていき、出来たものを織物と呼びます。

厳密に織りとは、風合いのことで、よく皆様も聞く産地を冠した『~織り』などがそうですね。

知ってた?織りには3種類あるって!?

織物には三元組織というのがあります。

〇平織

〇綾織

〇朱子織

これらを織物の三元組織と言います。

平織

最もベーシックな織り組織です。

タテ糸とヨコ糸を1本ずつ交互に交差させる織り方です。

その特性は、頑丈・丈夫・摩擦に強いなどが挙げられます。

主な用途としては、着物・ドレス・ストールなどで私も好きなミリタリーウェアなどにも用いられている技法でもあります。

綾織

糸の交差部分が斜めになるのが特徴です。

その特性は地合が柔らかく、伸縮性に優れ、しわがよりにくい等が挙げられます。

この技法の代表的なものは、なんといってもデニムでしょう。

一度は聞いた事があるかもしれませんが、「このジーンズはタテ落ちがよい」という言葉。

これは、インディゴで先染めされたタテ糸の色が摩擦や洗濯で落ちていく為、この様な表現をするのです。

朱子織(サテン地)

交差点が上下左右とも隣接しないように規則的に飛ばした織り方が特徴です。

なめらかで滑りがよく、なんといっても美しい光沢が特徴です。

ドレスやフォーマルウェアなどが主な用途です。

当サイトでも扱っているネクタイにもよく使われている地組織ですね。

光沢のある朱子織のネクタイは、その光沢からエレガントなスーツスタイルを演出するにはぴったりです!

 Alteraネクタイでは、『富嶽』という無地のネクタイが国内?いや世界トップクラスの光沢を放っております。

 

織りとは、仕上がりの風合いを考慮しつつ作り上げるアイテムの特性に応じてその手法を変えます。(編みもそうですが)

その手法は多岐にわたります。

タテ糸とヨコ糸が交差する織物という事から、編物と違って丈夫にできたり、カラー表現を多彩にできたりする点が編み物と大きく違う点です。

特に我々が扱う、ネクタイはカラーリングが非常に重要です。

タテ糸とヨコ糸の交差から絶妙な色を引き出すのですが、これが経験値がモノをいう作業となります。

デザイナーの日々の努力と機場で従事する方々の努力が商品という形になって生まれるのです。

いかがでしたか?

編みと織りについて二回にわたってご説明差し上げましたが、次回は編機と織機について触れたいと思います。

それぞれどんな生産背景で、我々の商品が生まれてくるのかなどご紹介できればと思います。

乞うご期待!!

2020/05/18 — 岡本裕幸

コメント

mzakifuvoni

mzakifuvoni said:

http://mewkid.net/when-is-xuxlya2/ – Amoxicillin Without Prescription Amoxil Causes Gallstones lea.ugyz.goodlucktokyo.jp.eqn.ww http://mewkid.net/when-is-xuxlya2/

Leave a comment